MENU

信用金庫のカードローンは上限極度額が500万円!

500万円

信用金庫は、銀行より身近な地元密着の営業をしている金融機関として有名ですね。
信用金庫のローン商品の「きゃっする」は、インターネットから申込ができるしんきんカードローンの一つです。
各都道府県の信金によって、カードローンにも色々種類があるので、借りる地域の信金の公式HPをしっかりと確認して、取引条件や商品概要説明書のチェックをお勧めしたいのですが、ほとんどの場合融資極度額の上限が500万と余裕があり、それに合わせて融資金利も低いです。
当然の話ですが、貸金業法の影響を受けないので、旦那さんの収入が多かったりすれば、専業主婦の方でも融資極度額の高低は別として審査に通ります。
信用金庫は全国どこでもあり、大手の消費者金融より身近な存在であることは間違いありません。
信用金庫との取引が多ければ、ローンの審査も有利になる傾向がありますから、給与振込を信用金庫に指定していればチャンスだと言えます。
その他にも金利面で優遇されたローン商品も少なくありませんから、色んな取引を開始するのにも検討の余地はありますね。

しんきんカードローンの申し込みに必要なもの

しんきんカードローンの申込にあたり必要書類は、他の銀行や消費者金融同様に運転免許証や健康保険証などの身分確認ができる証明書と収入証明です。
信金カードローンは、保証人や担保はいりませんが、その代わりに信用金庫の関連会社が保証をしてくれるため、その保証料が必要になります。
保証料は利息に組み込まれていることが多いため、特別に支払う必要はありませんが、信用金庫によっては利息と別に設定していることがあります。
また、しんきんカードローンの契約には普通預金通帳も必要となってきます。
しんきんカードローンは、信用金庫利用者に対するサービスなので普通預金を持っていることが必須です。
契約に当たっては契約書に貼る印紙代と、契約極度額に応じた手数料も必要になります。
このあたりの手続は大手銀行や消費者金融に比べて少し野暮ったいイメージがありますが、同時に身近な金融機関である信用金庫でカードローンも使うことができる安心感の表れとも言えます。

信用金庫のカードローンが使えない人はこんな人

審査に通らない

しんきんカードローンの審査は案外厳しいと言われています。
まず学生の方は年齢的な条件で審査に通りません。
また、収入が年金受給のみの人や配偶者が年金受給のみの場合も審査に通りません。
同時に給与収入があってもパートやアルバイトだと審査に通りませんし、派遣社員の方も安定収入がないと判断されて審査上不利になることが多いです。

 

資金の使途は個人の生活資金に限定され、事業性資金に使う場合は審査に通りません。
信金ギャランティと呼ばれる信用金庫の保証会社がしんきんカードローンの審査をしていますが、一見するとその審査は銀行カードローンより厳しいと思われがちです。
しかし、実際には配偶者の収入が多くて安定していれば専業主婦でも審査に通りますので、実際には銀行カードローンと変わるものではありません。
しんきんカードローンは、申込ができない人をはっきりと分けているため、申込をするにあたり見極めが付きやすいと言う点で親切だとも取れますね。