MENU

専業主婦は総量規制対象外の銀行カードローンなら望みあり!

専業主婦の人でも突然お金が入り用になって困ることは多々あると思います。
そういった際にキャッシングが利用できると急場をしのぐことができて便利なのですが、専業主婦の方がキャッシングを行う際に気を付けておかなければならないことはなんでしょうか。

 

まず専業主婦というのが「アルバイト・パート等を行っていない」ということなのであれば、基本的に消費者金融での借り入れには期待できません。
なぜなら消費者金融では貸付の前提に「継続して安定した収入があること」という条件があるからです。
例外もないわけではありませんが、専業主婦の方がキャッシングを行おうと思った場合は消費者金融ではなく銀行カードローンを利用する方が借り入れができる可能性が高いのでオススメです。

 

では銀行カードローンの申し込みに際して気を付けておかなければいけないことはなんでしょうか。
それは「借りることができる限度額に制限がある」ということです。
消費者金融と違い貸付業者ではなく総量規制の影響を受けませんので年収の3分の1以下という縛りはないのですが、銀行独自の審査により専業主婦の方の借り入れ限度額は30万円とか50万円まで、と決められていることが多いです。
また、一部銀行カードローンでは借り入れに際して夫の同意書や収入証明書の提出を求められることがあります。
「夫には内緒で借り入れしたい・・・」と思っておられる方は併せて注意しておきましょう。

 

その他にも、結婚する前にキャッシングなどで滞納があったりすると信用情報機関でその履歴を見られて審査に落ちてしまったりする可能性もあります。
旦那さんの収入がいくら高かろうが審査に落ちうる要因なので、過去にそういったことをしたことがないかも確認しておいたほうがいいかもしれませんね。
というわけで専業主婦の方がキャッシングを行う場合は、
「消費者金融ではなく銀行カードローンを選ぶこと」
「限度額が低めに設定されていること」
これらの点に気をつけておけば安心でしょう。