MENU

金利面で大きなメリットあり!ただ返済期間が延びるデメリットも…

「借り入れの一本化」というワード、最近よく目にしませんか?「おまとめローン」という商品名でも有名ですね。
「おまとめローン=借り入れをまとめられてお得」というイメージが先行していますが、本当におまとめローンは無条件でお得なのでしょうか?借り入れを一本化する際に気を付けておきたいポイントをまとめてみました。

 

まず借り入れを一本化する最大のメリットは「金利を安く抑えて返済を楽にする」ということです。
複数社からの借り入れを一本化する際は、たいてい今借りているところの金利より低い金利もしくは今借りているところの中で一番低いところと同じ金利で新しい金利を設定します。
こうすることで負担を減らして返済総額を抑えることができます。
また、複数の借り入れをまとめることでバラバラだった返済日を1つにまとめることができ、ついうっかり支払いを忘れてしまうといった可能性を減らすことができるというメリットもあります。

 

ではデメリットはなんでしょうか。
これはメリットと完全に矛盾してしまうのですが「返済期間が長くなり、返済総額が増えてしまう可能性がある」ということです。
借り入れの一本化を行う際は月々の負担を減らすことを意識しがちなので毎月の返済金額を低めに設定してしまうことが多いのですが、低く設定しすぎてしまうとその分支払期間は延びてしまうので、結果的に金利を支払う期間が長くなり返済金額が増えてしまう、というケースもあるのです。
毎月の負担を抑えることはもちろん重要ですが、最終的な返済金額も考慮したうえで適切な返済計画を立てることが重要です。
また、借り入れを一本化した後に違う会社で新たな借りいれを行うと、一本化した会社から債務の一括返済の申し出がある可能性もあります。
「うちでまとめたくせに、他社でまた新たに借りて・・・本当にうちに返済できるのか?」と思われてしまうのも無理はありませんからね。
このように借り入れ一本化は無条件で受け入れていいものではありません。
とはいうもののきちんと計算をすればメリットも多いものなので、適切な計画を立てた上で利用するようにしましょう。