MENU

審査の厳しさを基準に考えると消費者金融がベター

自営業の方の中には日々の資金繰りにお困りの方もいらっしゃるでしょう。
商品の仕入れや売掛金などの関係で手元にお金がほぼない、そんな状態も珍しくないと伺ったことことがあります。
そういうお金にこまった時にキャッシングに頼りたいのは自営業の方でも同じだと思います。
では、自営業の方がキャッシングを申し込む時には銀行カードローンと消費者金融のどちらのほうがいいのでしょうか。

 

キャッシングは申し込みの前提として「継続して安定した収入があること」という条件が掲げられています。
何年も事業を続けていられる方ならまだしも、まだ自営業を始めて間もない方ではこの「継続して安定した」という部分に疑問符がついてしまう可能性も少なくありません。

 

結論から申し上げると自営業者の方がキャッシングを申し込むには消費者金融のほうがより適しています。
まず銀行カードローンのほうが消費者金融よりも審査が厳しいことを考えると、自営を始めて間もない方であれば上記した理由により銀行カードローンの審査には通らない可能性も高いです。
消費者金融の場合は個人事業主への融資の経験も多く、ノウハウも蓄積されていますので融資に際して融通してくれることもあります。
最初は少ない融資枠ですが、事業の様子を見ながら融資枠を拡大していく、などの処置を取ってくれることもあります。
借りられる可能性が高いのは消費者金融のほうだと言えるでしょう。

 

また、自営業者がキャッシングを行う場合はその資金を生活資金だけではなくて事業資金にあてたいという思惑もあるでしょう。
しかし銀行カードローンでは借り入れたお金の使い道として、事業資金はNGになっている場合も多いです。
その点消費者金融だとお金の使い道は特に問われていないので安心ですね。
事業資金専用のローンを設けているところもあるのでそちらの利用を検討してみてもいいかもしれませんね。
以上の理由により、自営業の方が利用するには銀行カードローンよりも消費者金融のほうがよいと考えられます。