MENU

クレジットカードのキャッシングは総量規制対象となる

クレジットカード

クレジットカードのキャッシング機能は、利用限度額が少額ですが比較的審査が甘めなので専業主婦が借り入れをする場合に利用されることが多いと言われています。
しかし、ショッピング利用枠が割賦販売法の規制を受けるのと異なり、キャッシング枠は貸金業法の適用を受けるため、総量規制の対象になります。
緊急時における医療費などの例外はありますが、この総量規制は多重債務を防止するために年収の3分の1までに融資を制限する規制なのです。

 

ただし、お金がない時にこの規制が適用されると生活すらできないこととなるため、緊急事態にはクレジットカードのショッピング枠を使い食べ物を買って食いつなぐという手もあります。
この方法を使ってもクレジットカードには決済日があり、その日には返済をしなければいけません。
収入額が少なければリボ払いで逃げると言う手段もありますが、支払遅延になりブラックリストとして登録されてしまう危険性もあるので、計画を立ててクレジットカードを使いたいものですね。

クレジットカードの支払い方法「リボ払い」は凶悪

上でも書いたように、クレジットカードのキャッシングができなければ、リボ払いでとりあえず逃げると言う方法もあるのですが、この支払方法は危険が多いことも覚えておくべきです。
楽天カードなどでショッピングをクレジットカード利用でした場合、支払方法は一括払いと分割払いがあります。
分割払いの中身が実は通常の回数分割払いではなく「リボ払い」と自動で設定している事があり、支払額が低額であるため返済が楽な反面、返済期間が長くなり金利負担額が増加します。
結果として利用金額の割に返済額が増加し、減給や失業などで支払ができずに金融事故の原因になるのです。
そのため、クレジットカード利用時にはできるだけ一括払いを利用すべきですが、高額商品を買う際はそうはいきません。
しかし、その際も回数分割払いなどで支払期日がわかるようにするか、リボ払いを利用しても繰り上げ返済を積極的にすることで、早期に完済することが大切です。
リボ払いには総量規制のような年収による利用制限がないため、際限なく使えてしまう怖さがあるのです。

クレジットカード現金化を勧めるヤミ金には要注意!

現金

クレジットカードのリボ払いの支払が厳しくなると、余裕がなくなるのでヤミ金融の罠にはまりやすくなります。
最近増加しているのが、ショッピング枠を利用したキャッシングです。
一見ショッピング取引のように見える取引ですが、買うものは100円ショップに売っているような商品であり、これを1万円とか10万円で購入し法外な利息を引いた「キャッシュバック」を受け取ると言うものです。
一括支払いをすると資金ショートするので、リボ払いをすることが多いのですが、多重債務者の返済能力を無視したショッピングをさせることで、返済不能の罠にハマっていくのです。
高齢者をターゲットにしていることも多いのですが、カード番号を入手することでカード詐欺の危険性も高まります。
また、このようなクレジットカードの利用は禁止されているため、最悪の場合カード会社から強制的に退会させられる可能性もあります。
自分の信用情報を汚すことにもなるので決してヤミ金の甘い言葉には乗らないように注意しないとダメですね。