MENU

主な違いは「総量規制の対象か?」と「適用金利」

お金を借りる際の大きな選択肢の2つとして「銀行カードローン」と「消費者金融」が挙げられます。
ではこの2つには具体的にどのような違いがあるのか、相違点を見ていきましょう。

 

まずこの2社が根本的に異なっている点は「貸金業者であるかないか」ということです。
消費者金融は貸金業者ですが、銀行カードローンは貸金業者ではありません。
そして貸金業者であるかないかというのは「総量規制の影響を受けるか「どうか」というところに大きく関わってきます。
総量規制というのは「借り入れを行う人の借り入れ総額が、原則年収の3分の1以上を超えないようにする仕組み」のことをいいます。

 

具体的に言うと年収が300万円なのであれば、100万円を超える借り入れはできないということです。
そしてこの総量規制というのは「貸金業法」という法律の中で定められているものなので、貸金業者には影響がありますがそうでない場合は特に影響を受けることはありません。
すなわち消費者金融では年収の3分の1以上の借り入れはできないが、銀行カードローンを利用すれば年収の3分の1以上の借り入れも可能だということで、これが両者の最も大きな違いになります。

 

次の違いは「返済する時の金利」です。
一般的に消費者金融で借り入れを行う際の金利は4%前後〜18%の間で決定されますが、100万円以下での借り入れの場合は上限金利の18%が適用されることがほとんどです。
これに対して銀行カードローンは下限は消費者金融と同じようなところが多いですが、上限はだいたいの場合「14%前後」になっています。さらに当該銀行で住宅ローンを利用していたり、口座を公共料金の引き落としに利用している場合などはこの金利からさらに引き下げてくれる場合もあります。
ですので実際に適用される金利には「4%以上」の差がある場合がほとんどです。
以上のように「総量規制の対象になるかならないか」「実際に適用される金利」の2つが銀行カードローンと消費者金融で大きく異なっているポイントになります。