MENU

申し込みブラックになる人は「申込み過ぎ」が原因

申し込み

ブラックリストというと個人信用情報機関を思い浮かべる人も多いでしょうが、実は別の「ブラック」もあります。
銀行カードローンや消費者金融などの金融会社に対して、あまりに短期間に多重申し込みをすると、個人信用情報機関のデータで申込履歴を調べることで、その申し込み件数もチェックされてしまいます。
このような多重申込みは、ローン審査において審査NGの対象になります。
なぜなら、審査が通らないから次々と申し込んでいるのではないかと疑われるからです。
金融会社は信用情報機関のデータをそのまま利用しているわけではなく、そこから推測される裏事情も判断基準にしているのです。
いくつかの金融会社を同時に申し込んで、相見積もりをして一番条件のいいところで契約しようとする人もいるようですが、せいぜい2つか3つにしておいた方が良いでしょう。
「申込みブラック」と呼ばれるこのような審査NGの原因になるようなことは、極力やめておいた方が賢明なのです。

申し込みブラックを回避するには6ヶ月待って申し込む事!

申し込み過ぎには注意する必要があるとはいえ、申込事績が永久に保管されているわけではありません。
日本信用情報機構のような信用情報機関には情報保持期間と言うものがあり、その情報保存期間は6か月間です。
保管期間が長いとデータが多すぎて管理しきれなくなつため古いデータは捨ててゆきます。
裏を返すと、返済能力があるのにいくつものキャッシング会社に対する申し込み履歴が一定期間内に集中すると融資不可となるものの、それを過ぎれば再度融資可能になるのです。

 

金融業界には業界グループごとに信用情報機関を設定していますが、お互いに情報交換をしているため、クレジットカードを多く申し込み過ぎている人は各種ローンの審査でも落とされてしまう可能性が高くなります。
どの金融機関も審査基準というものは大同小異であり、一つの金融機関で落とされたら別の金融機関でも落とされる確率が高いので、焦っていくつものローンを申し込みすぎるのはかえって逆効果です。
2つ程度の申込をしたら、半年程度期間を開けてからリベンジを期した方が申し込みブラックにはなりにくいと言っていいでしょう。

申し込みブラックOK!はヤミ金業者の甘い罠

取り立て

この申込ブラックと呼ばれる状態は案外広く知られており、闇金運営者がこのブラック状態の人を狙っていることがあります。
闇金運営者の悪質なヤミ金業者は、法外金利で何も知らないカードローン初心者に貸付をして、返済ができないと勤務先や両親、親族、配偶者やその身内にまで過激な嫌がらせのような取り立てを行うのです。
このような悪質なヤミ金業者に引っかかってしまったら、司法書士などに依頼をして債務整理をしようとしても効果はあまり望めません。
相手は債務整理という法律に基づいた処理など平気で無視するのです。
そのため、警察への情報提供をするとともに弁護士などに依頼することで徹底的に排除することが大切です。

 

また、それ以前の問題として申込みブラックなどにはならないよう、注意しておかないとダメという事も覚えておく必要があります。
警察や弁護士も協力はしてくれますが自分でもそれなりの対応が必要ですし想像を絶する不法行為をしてくるのでそれに耐える強靭な心を持っていないと対処は厳しいでしょう。