MENU

銀行カードローンの審査は早いところで最短30分!

スピード

銀行系カードローンの審査手続きは、時間がかかるだろうと思われがちですが、銀行によっては大手消費者金融顔負けの、申し込みから最短30分という審査スピードで審査回答が出る場合も少なくありません。
特に、最近テレビなどで宣伝をしているバンクイックが最短30分(審査結果の連絡は9時〜21時(土・日・祝日は9時〜17時)までで、申し込み受付時間や審査状況によっては、審査結果の回答が翌日以降になる場合があるので注意!)、オリックス銀行カードローンやみずほ銀行カードローンの場合は最短即日で審査回答をしています。
しかも、簡易審査による仮審査後はテレビ窓口などの無人受付機で身分確認などの本審査を行い、同時にカード受け取りもできます。
銀行も昔ながらの営業方法では生き残りができないから色々と考えているのがよく分かりますね。
ここまで早いと他の銀行の審査はどうなのだろうかと思われるでしょうが、カードローンなどの無担保ローンの審査は傘下の消費者金融などに任せているところが非常に多いのが現状です。
そのため、審査スピードが速いのはある意味当然ですが、銀行カードローンという言葉だけであまり警戒する必要はないという事は覚えておいて損はないでしょう。

早く審査回答が欲しい人は必要書類の準備を忘れずに

いくら審査が早いとはいえ、このような最短時間で審査の回答を得ようとする場合はそれなりに条件があります。
それは本人確認書類や収入証明書などの必要書類を準備していることです。
銀行カードローンもネット審査で利用限度額決定などの審査をしていますから、受付時間は土日であっても十分可能です。
また、銀行カードローンは、消費者金融のような総量規制の影響を受けないので、パートやアルバイトの方でも銀行口座を持っていれば、大手消費者金融より有利な利用限度額をゲットできる可能性があります。
しかし、そのようなメリットを最短時間で得るためには、やはり事前準備は欠かせないわけであり、必要書類をきちんと準備しておかないとダメです。
これらの必要書類はネットからアップロードできることも多くなっており、本審査終了まで店舗や無人受付機に一度も行くことなく契約を終えることができます。
また、銀行口座に振込をしてもらうことで即日融資ができる事もあるので使えるものは上手に利用したいものですね。

銀行カードローンの審査では返済能力の有無が重視される

審査

銀行の審査は、他の金融機関に比べて返済能力の有無を重視されると言われますが、これは小口融資であるカードローンも同様です。
担保や保証人が要らない代わりに保証会社による保証をする銀行カードローンでは、その審査基準や審査内容は保証会社が決めていることもあります。
ここで返済能力を測る方法としては、一つ目に勤務先や勤続年数によるものが挙げられます。
ただし、申込内容だけでは勤務先や勤続年数が真実かどうかわからないため、多くの銀行では職場に電話をして、本人が実在することを確認する在籍確認の方法で申込内容の真偽を確認しています。
銀行カードローンの審査では、そのほかに信用度合いもチェックされます。
過去に金融事故を起こした経験がある方は間違いなく審査は通りませんが、専業主婦の方でも今まで返済計画を立ててきちんと返済実績があれば審査に通ります。
返済能力の審査では、給与収入などの収入金額だけではなく、信用度合いを反映する返済の意志も同時に問われる事になります。
特に過去に金融事故歴がある場合は銀行のカードローン審査に通るという事は難しくなってくる事でしょう。