銀行系カードローン 銀行カードローン 違い

MENU

銀行系カードローンは銀行グループのカードローン商品

「銀行系カードローン」と「銀行カードローン」、名前に「系」が入るかどうかだけの違いで中身がほとんど同じだとは思っていませんでしょうか。
しかしこの両者、名前はほとんど同じでも、その中身・実態は全く異なってきます。
勘違いしやすいこの両者の違いについて比較検討していきましょう。

 

まず「銀行カードローン」についてですが、これは名前の通り「銀行が貸付を行っているカードローン」で、「三井住友銀行カードローン」や「みずほ銀行カードローン」などがこれにあたります。

 

次に「銀行系カードローン」ですがこれは「銀行のグループに属するノンバンクのカードローン」になります。
代表的なところでいくと「SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)」や「アコム(三菱UFJフィナンシャルグループ」がこれにあたります。

 

もうお気づきかもしれませんが、要するに「銀行系カードローン」とは消費者金融のことです。
ただアコムもプロミスもそれぞれ銀行グループの系列に属しているので「銀行系」という枕詞がついているんですね。
ちなみに現在いわゆる大手の中で「独立系」の消費者金融はアイフルだけだと言われています。
消費者金融である以上、銀行系でも独立系でも中身に大きな違いはありません。
利用する際に銀行の名前が付いているので多少の安心感が出ることぐらいでしょうか。

 

銀行系カードローンの中身について理解しておけば、銀行カードローンと銀行系カードローンの違いについても自ずと分かると思います。
貸金業者であるかないかという違いが生まれてくる以上、総量規制の影響を受けるか受けないかという大きな違いが生まれてきます。
また別途記載しましたように金利の点においても両者には大きな違いが存在します。
ネット上には「銀行系カードローンは金利が安い」などといったような両者を混同していると思われる情報も散見されますが、誤った知識で利用してしまわないように気を付けておきましょう。