MENU

銀行の苦手分野を消費者金融が補っているという考え方

銀行カードローンを利用する際にはたいていの場合「保証会社による審査」というものが行われます。
銀行カードローンで借り入れを行う際は特に担保などを必要としない代わりに、「ちゃんとした返済能力があるかどうか」ということを調べられるんですね。
利用する銀行カードローンによってこの保証会社がどこになるかとうのは変わってきますが、たいていの場合消費者金融が保証会社になっています。これはどうしてなのでしょうか。

 

その最たる理由は「銀行には個人の信用情報を把握する手段がないから」です。
今までにクレジットカードでどんな買い物をして、どこそこの会社でキャッシングをして返済・延滞の状況はこうだ・・・というようなお金に関する情報というのは全て「株式会社日本信用情報機構(通称:JICC)」「株式会社シー・アイ・シー(CIC)」という信用情報機関に集約されています。
消費者金融に代表される貸金業者は全てこの信用情報機関に加盟しているので、照会をすれば特定の個人のこれまでの金融関連の情報を確認することができますが、銀行は貸金業者ではないのでそれらの情報を確認することができません。
そこで、カードローンの申し込みをしてきた人の信用情報を確認して、貸し付けを行うかどうかを決定するために消費者金融を保証会社にしているんですね。

 

ちなみにこれらの保証会社は同じ銀行グループ系列の消費者金融を利用していることが多く、三井住友銀行カードローンの保証会社はSMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)ですし、三菱東京UFJ銀行のカードローン、バンクイックの場合はアコムが保証会社になっています。

 

ただしアコムやプロミスが審査するからといって、その審査基準は消費者金融に借り入れを申し込んだ場合の基準と同じというわけではありません。銀行カードローンのほうが総量規制の対象外だったり、消費者金融と比べて金利が安かったりと優遇されている点が多いので、審査も自ずと厳しめになってくるのが普通です。